2013年9月7日土曜日

携帯とタブorノートと何を選ぶの。


☝携帯

中華スマホやらNEXUS系、もうとんでもない状態にこれからなっていきそうです。
サイズももう乱立。 概ねスナドラか、MediaTek系のクアッド。
最初は、豪勢なやつじゃなくていいから取り回しのいいXperiaで、
いい感じのないかなーって思ってたけど、
ソニーのEXMORならもうだいぶかなりのスマホで普及していて、
1300万画素くらいならザラ。パッケージも気を配ってたりします。

中華スマホの海外販売サイトを見てると、
省電力クアッドがスタンダードになっていて、2GBのRAM、
場合によってはHi-fiのチップが載ってたりする。128GBのROMなんてものも。
リア、フロントともに1000万画素超えるカメラを載せてるものもあったりして、
オクタ(8)コアなんてものも出てたり、6.5インチのファブレットのでかさにびっくりしたり。
4K録画対応も出てくるようです。だがTegraという選択肢は永遠にありえません。
自分撮りをするには拙いフロントカメラをどうするのか、ソニーの外付け以外の選択肢が
ないので、この辺が差別化を図るところなのかな?

ほんの少し前、動くかどうかすら微妙な中華スマホ、タブレットを思えば
比較にならないようなある程度のクオリティをもったものが
どーんとお披露目して市場に出てくるようです。
もちろん、一部において今ひとつレスポンスが微妙っていうレビューも見ます。
しかし如実に安定性、クオリティは格段に上がってるのは明白です。

昨今、秋以降の機種やら世界中の通信関係、
リンゲルブルーメンなんかをぼーっと眺めてるだけでも、もう追いつけません。

選択肢が多いと、かえって人間は選択に困るっていうのはまさにそうだな~と感じます。

個人的にはPV見るので6インチいかないスマホで、カメラが1300万画素以上あってほしい、
さくさくで2GBのRAMでHi-fiのやついいなと感じてます。

タブレット

win8のタブレットにもなるソニーの奴が良さそう。だけど、高そう。

タブレット、慣れたノート、どっちを選ぶか微妙に迷うとこでもあります。

サーフェスなんて考えられないし。アンドロイドだと今ひとつ機能しないものもあるので、

なかなか選ぶのが難しいところです。

0 件のコメント:

コメントを投稿