2016年7月23日土曜日

MonsterX U3.0RがPentiumG4400で動く。

エンコードがあるから皆そうそう選ばないだろうけど
一時的にPCを動かすのにPentiumを選んだ。

肝はAMV4のコーデックがあることだろうと思う。
AMV4のコーデックは低い占有率にてHDDで60Pで録画できるのでとても画質がいい。
Windows10でのPT3、MonsterX U3.0Rどちらも調子はとてもいい。
思ったよりもWindows10は使いやすい。

Pentium G4400での録画での負荷は概ね40~50%程度。意外と十分だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿